Mai Idera

井寺 麻衣

Mai Idera

井寺 麻衣

山口県長門市出身。海に囲まれた町で、変わった貝殻を集めたり、煮干しでカニを釣ったり、地味な遊びに全神経を費やして過ごす。実家は包装資材全般の小さな卸売業を営み、両親が仕事で家をあけることも多かったため「ひとりで何でもやる」精神は人一倍成長。青春時代は、良くも悪くも“絵に描いたような真面目人間”で、理解不能な言動をする男子たちにイラつきながら、学級委員などの様々な委員長を経験。いま思えば同級生にとって、かなり面倒くさい存在だっただろうと反省…(本当すみません)。高校卒業後は大阪芸術大学へ進学し、広告映像を専攻した後、リクルートの代理店に入社。コピーライターとして制作業務全般を担当する。最初は「広告ってなんかカッコいい♪」という不純な動機ではじめた制作だったが、次第に「採用」という、企業と求職者の将来を担う仕事の魅力にハマっていく。峯松とはその後、転職先の企業で出会い、リクルート出身ということで意気投合。正直、第一印象は「いろんな意味でコワい人…」だったが、彼の、人を大切に想う姿勢に心を打たれ「この人に付いていこう」と決意。現在はディレクトリーの東京支店を担当し、お客様の事業を「採用」という角度からお手伝いしたく、日々奮闘中。自分を一言で表わすと『ノリノリ優等生』!

もどる